亀ヶ城公園

磐梯山南麓の泥流地形突端部に、中世この地を支配した猪苗代経連(いなわしろつねつら)が建久2年(1191年)、本格的な築城法によって築いた日本最古の平山城の城跡である猪苗代城跡とその周辺を整備した公園です。

概要

所在地 福島県耶麻郡猪苗代町字古城町 
電話番号 0242-62-2118 
特徴  

交通

路線名 駅名 所要時間
JR磐越西線(郡山〜会津若松)猪苗代バス5分 徒歩0分
アクセス:猪苗代駅よりバスで 5分

詳細情報

猪苗代城は慶応4年戊辰戦争で落城するまで600年余、石垣ひとつ崩れなかったといわれています。
 その後江戸時代の一国一城令の際にも城代がおかれ、幕末まで会津藩東の要とし残されました。
 戊辰戦争によって建物等は焼失してしまいましたが、明治38年(1905年)小林助治、才治父子二代を中心とした町内の有志が、私財を投じて桜やツツジを植栽し、東屋や観月橋を設けて公園として整備しました。
 
現在は、平成9年度より総合公園として公園を再整備し、猪苗代町総合体育館「カメリーナ」、猪苗代町体験交流館「学び;いな」、猪苗代町むかし体験館、みんなの広場、じゃぶじゃぶ池、わんぱく広場等の供用を開始し、多くの方々に利用されています。

営業時間、定休日や地図など情報が正確ではない可能性がございます。予めご了承ください。

亀ヶ城公園の登録情報に誤りがあれば教えてください!