高遠城址公園

高遠城は戦国時代、武田信玄の家臣であった山本勘助が改修した堅城です。別名兜山城(かぶとやまじょう)とも言われています。現在、当時の建物は解体・移築され、かつての敷地内には残っていません。ゆいいつ、高遠藩士の師弟が学んだ藩校、進徳館(しんとくかん)が現存しています。廃藩置県後、旧高遠藩士達が桜の馬場から桜を城跡に移植し、明治8年(1875年)に高遠城址公園となりました。

概要

所在地 長野県伊那市高遠町東高遠 
特徴  

交通

路線名 駅名 所要時間
JR飯田線(天竜峡〜辰野)伊那市バス25分 徒歩0分
アクセス:JR飯田線伊那市駅からJRバス高遠行きで25分、高遠下車、徒歩20分。
営業時間、定休日や地図など情報が正確ではない可能性がございます。予めご了承ください。

高遠城址公園の登録情報に誤りがあれば教えてください!