六義園

六義園は、東京都文京区本駒込六丁目にある回遊式築山泉水の都立庭園です。
春の桜と、秋の紅葉の最盛期に合わせて、日没後に園内のライトアップが行われ、庭園にふさわしい魅力あるライトアップで人気がある。
昔から小石川後楽園とともに江戸の二大庭園として有名で海外から訪れる観光客も多い。

概要

所在地 東京都文京区本駒込6丁目16 
営業時間  9時~17時(入園は16時30分まで)    
定休日  年末年始(12月29日~翌年1月1日) 
特徴 中規模公園   食事施設,庭園,池・噴水,花見スポット,入園料あり

交通

路線名 駅名 所要時間
JR山手線,東京メトロ南北線駒込7分
都営三田線千石10分
JR山手線,都営三田線巣鴨11分

詳細情報

六義園は、徳川五代将軍・徳川綱吉の側用人・柳沢吉保が、池を掘り、山を築き、起伏のある景観をもつ回遊式築山泉水庭園を造った。
明治時代になって、三菱財閥の創設者である岩崎弥太郎氏が購入・整備をし、1938年には、東京市に寄付されて一般公開されることとなる。
その後、1953年に特別名勝に指定される。
【入園料】一般及び中学生300円、65歳以上150円(小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料)、20名以上の団体(一般及び中学生240円、65歳以上120円)
【六義園のみ年間パスポート】大人1,200円、65歳以上600円
【9庭園共通年間パスポート】大人4,000円、65歳以上2,000円
【六義園・旧古河庭園共通入園引換券】大人400円  

六義園の写真

六義園 六義園 六義園 六義園 六義園 六義園 六義園 六義園 六義園 六義園 六義園 六義園 六義園
六義園  

蓬莱島

池の中にあるアーチ形の石の島。明治時代に岩崎家によって作られたとされている。
六義園 蓬莱島
六義園 蓬莱島  

内庭大門

岩崎家所有当時の面影を残しているが、東京市によって再建されたもの。かつては門をくぐった先のしだれ桜付近に、岩崎家の「御殿」と呼ばれる邸があった。
六義園 内庭大門
六義園 内庭大門  

東京市石碑

1938年に三菱財閥の岩崎家から東京市に寄贈された際に記念として建てられた石碑。
六義園 東京市石碑
六義園 東京市石碑  

つつじ茶屋

明治時代に岩崎家が柱と梁につつじの古木材を用いて建てた建物。
六義園 つつじ茶屋 六義園 つつじ茶屋
六義園 つつじ茶屋  

六義館跡

「むらくさのたちあと」と読みます。紅葉スポットです。
六義園 六義館跡 六義園 六義館跡 六義園 六義館跡
六義園 六義館跡  

ささかにの道(蛛道)

蜘蛛の糸のように細いということから、命名されました。
六義園 ささかにの道(蛛道)
六義園 ささかにの道(蛛道)  

紅葉

例年、11月下旬が見頃。モミジやイチョウ、イロハカエデなど約1000本近くが植えられている。シーズン中は、夜にライトアップされる。
六義園 紅葉 六義園 紅葉 六義園 紅葉 六義園 紅葉 六義園 紅葉 六義園 紅葉 六義園 紅葉 六義園 紅葉 六義園 紅葉 六義園 紅葉 六義園 紅葉 六義園 紅葉
六義園 紅葉  

営業時間、定休日や地図など情報が正確ではない可能性がございます。予めご了承ください。

六義園の登録情報に誤りがあれば教えてください!



六義園の近くにある公園