玉川上水第二公園

玉川上水は、江戸時代に江戸の町に飲料水を供給するためにつくられた上水路で、現在は一部が暗渠となって杉並区内を通っています。

その暗渠の上に東京都水道局から借地してつくられた3つの公園と1つの緑地があります。
下流から玉川上水公園、玉川上水永泉寺緑地、多摩川上水第三公園、玉川上水第二公園の順に並んでおり、その全長は約2,000メートルにもおよびます。

概要

所在地 東京都杉並区下高井戸3丁目1-14 
特徴  

交通

路線名 駅名 所要時間
京王京王線桜上水4分
京王京王線,東急世田谷線下高井戸13分
京王京王線上北沢14分

詳細情報

玉川上水第三公園と荒玉水道をはさんで、隣接した公園です。
園地は道路より少し高くなり、鉄平石を張った道から始まり、自然の土と小砂利を敷いた小道と園路もさまざまに変化します。

園路は左右にうねり、場所によっては二筋、三筋に分かれて緑の木々の間を進みます。
ここでの見所のひとつは人工の流れと池で、植込みの中の古銭をかたどった円形の泉に発した流れは、岸辺を岩でふちどられた流れとなり、あずまやの建つ池にそそぎます。

営業時間、定休日や地図など情報が正確ではない可能性がございます。予めご了承ください。

玉川上水第二公園の登録情報に誤りがあれば教えてください!


玉川上水第二公園の口コミ


玉川上水第二公園の近くにある公園