西永福公園

この公園は、昭和12年に土地区画整理事業によりつくられた公園で、昭和25年に東京都より移管され区立公園になりました。

概要

所在地 東京都杉並区永福3丁目40-6 
特徴   遊具

交通

路線名 駅名 所要時間
京王井の頭線西永福4分

詳細情報

道路に面してシイノキが、園内の広場にはケヤキが、そして植え込みにはヒマラヤスギの大木が梢をつらねています。
しかし広場は広いので明るい雰囲気につつまれています。

道路側は、コンクリート舗装のテラスで、低い石塀がめぐらされ、土の広場と境界をなしています。
広場の東寄りには数本のイチョウが立ち並び、そのそばに大型の木製遊具があります。

広場の東端は、舗装された拾いテラスで、そこには屋根にフジづるがからまる大きなパーゴラが左右に弧をえがいて建っています。

左手が砂場で、それにつづいて子供の家・ベンチ・テーブルなどがあり、家族連れでくつろぐことができるようになっています。

営業時間、定休日や地図など情報が正確ではない可能性がございます。予めご了承ください。

西永福公園の登録情報に誤りがあれば教えてください!