戸越公園

江戸時代、肥後国(熊本)藩主細川家の下屋敷の庭園跡を利用して造られた、区を代表する公園です。池を中心に渓谷や滝、築山などの配置の中を一周する回遊式庭園で、薬医門(正門)、冠木門(東門)等、大名庭園の面影をとどめています。

 樹木はウメ、サクラ、シャクナゲ、イチョウなど、四季折々の花木が美しい公園として、区民に親しまれています。

概要

所在地 東京都品川区豊町2丁目1-30 
特徴   庭園

交通

路線名 駅名 所要時間
東急大井町線戸越公園7分
東急大井町線下神明7分
東急池上線,都営浅草線戸越銀座10分
アクセス:戸越公園駅、下神明駅から各徒歩約7分
営業時間、定休日や地図など情報が正確ではない可能性がございます。予めご了承ください。

戸越公園の登録情報に誤りがあれば教えてください!



戸越公園の近くにある公園