モエレ沼公園

モエレ沼公園は、「札幌市環状グリーンベルト」構想の北部系緑地の核となる都市公園です。
ゴミ処理場として利用した後、1982年(昭和57年)から公園造成を開始しました。

1988年(昭和63年)には、彫刻家イサム・ノグチが計画に参画。モエレ沼公園の基本設計が策定されました。
ノグチによる、「公園をひとつの彫刻」とするダイナミックな構想により造成が進められ、 2005年(平成17年)7月1日にグランドオープンしました。

概要

所在地 北海道札幌市東区モエレ沼公園1-1 
電話番号 011-790-1231 
営業時間 7:00~22:00(入園21:00まで) 
特徴  

交通

路線名 駅名 所要時間
JR札沼線あいの里教育大72分
アクセス:■地下鉄東豊線「環状通東駅」から(乗車時間 約25分)
・中央バス【東69】「あいの里教育大駅前」行き「モエレ公園東口」下車
・中央バス【東79】「中沼小学校通」行き「モエレ公園東口」下車
・「サッポロビール博物館」発「環状通東駅」経由中央バス【東61】「中沼小学校通」行き「モエレ公園西口※」下車

■地下鉄南北線「北34条駅」/地下鉄東豊線「新道東駅」から(乗車時間 約30分/20分)
・中央バス【東76】「中沼小学校通」行き「モエレ公園西口※」下車

詳細情報

、5月には「サクラの森」のサクラが咲き、6月から9月にかけてはモエレビーチが開放されます。
その他の施設として、イサム・ノグチがデザインした120基以上の遊具のある7ヶ所の遊具エリアや、石狩平野を囲む山脈を一望できる、高さ50mのモエレ山や30mのプレイマウンテンがあります。
スポーツ施設としては、15面のテニスコートに野球場、陸上競技場があります。

イベント施設では、野外ステージやミュージックシェルなどがあります。冬はクロスカントリースキーやスノーボードにソリ遊びが中心となり、一年を通して遊びを提供できる公園です。

営業時間、定休日や地図など情報が正確ではない可能性がございます。予めご了承ください。

モエレ沼公園の登録情報に誤りがあれば教えてください!